About yokohama_hcd

This author has not yet filled in any details.
So far yokohama_hcd has created 31 blog entries.

3月 2018

試走へ

By |2018-03-08T10:46:45+00:003月 8th, 2018|未分類|

試走へ 企画中のロードラリー形式で行うツーリング。 安全に且つ楽しく、自動車で楽しむ催しを組み立てるには、開催までに何度も現地視察を重ねます。 コース責任者(Clerk of the course)が作ったルートの最終試走に、事務局の2人で行ってきました。 当日使用する、スマートフォンアプリを実際に使って全行程を走り、アプリ使用の注意事項や直前の道路状況などを確認します。 コースをチェックしながら…寄り道。 ロードラリーは、その土地を楽しむのが大きな楽しみの1つです。 房総の春は木々の緑より前に、まず花が咲き乱れます。 今の時期だと、ストック・金魚草・ポピー・ヤグルマギクなど。 道程に切花が買えるところもありました。 食用菜の花を摘んできました…今年は寒さのせいで遅れているそうですので、きっと当日も! 海の幸が楽しめるところもたくさん。 老舗のお醤油屋さんの前も通ります…トランクいっぱいで、帰宅しました。 roco@事務局

2月 2018

ロードラリーって何だ?

By |2018-02-24T14:46:57+00:002月 24th, 2018|未分類|

ロードラリーって何だ? 事務局で企画している『ヒストリックツーリング』。 お申し込みに混じって、お問い合わせも舞い込みます。 今日は、過去に赤レンガでご一緒している方からお問い合わせがありました。 前回同様に今回のツーリングは、コマ図を使ったロードラリー形式のツーリングを気軽に楽しんでもらう のが一番の目的です。 「コマ図ってなーに?」 確かに。 どんなイベントかわからない上に、道案内もどんなものを使うんじゃわからない…となると、イメージしようがないですよね。 上の画像は、昨秋横浜ヒストリックカーデイの翌日に開催したツーリングで使用したロードブックです。 助手席の人が、コマ図を読んでドライバーはその通りに運転します。 連なって走りませんが、同じ道案内を頼りに走って、決まった時間に次の集合場所で他のエントラントとまた集う。 「ラリー」には 再び集う、という意味があります。 ラリーと聞くと全力疾走をイメージする方が多いようですが、それはステージラリーなどのスピードを競うもの。 ロードラリーは、一般道で普通に走ります。 諸々のモータースポーツの底辺にある、モータースポーツの基本ともいえるものなんです。 roco@事務局

1月 2018

すっかりご無沙汰しました

By |2018-01-27T16:09:09+00:001月 27th, 2018|未分類|

すっかりご無沙汰しました すっかりご無沙汰してしまいました。 あっという間に1月も終わろうとしていますが、厳寒のこの1月いかがお過ごしでしょうか。 さて今日は事務局より、車で走って楽しむイベントのご案内です。 横浜ヒストリックカーデイ運営事務局主催のツーリングを企画しています。 3月18日(日)海ほたるスタートで房総半島へ出かけます。 昨年横浜ヒストリックカーデイにエントリー頂いた方には、月末あたりにご案内が届きます。 参加費は1台 5,000円。ご興味ある方は、是非とも事務局へご連絡を! 総距離 220km 走りを楽しむために考えられた道程です。房総半島を満喫できるコースに仕上がっています。 古い車は箱入り娘にしがちですが、そもそも車は走る道具! 春の房総へご一緒しませんか? roco@事務局

11月 2017

終わった後のお楽しみ

By |2017-11-28T21:46:07+00:0011月 28th, 2017|未分類|

終わった後のお楽しみ 今年も横浜ヒストリックカーデイの会場で、『古い車の絵を描こう』を催しました。 主にお子さんを対象に、40名を超える方の参加がありました。 普段見かけない車は、子どもたちの眼にどう移ったんでしょう。 アンテナに響いて被写体になった車はまちまち、一極集中の雰囲気はありません。 楽しい楽しいウェブ展覧会、支度ができました。 OEKAKI EXHIBITION 2017 一応、カテゴリーの中から表彰作品を選んでいます。 どれも秀逸、選ぶの大変です。 今年は特に8歳が熱かった! 続けて参加してくれてるお子さんもいるので、それも嬉しいことです。 感性豊かな『小さな芸術家』が、未来のヒストリックカーオーナーになったりして。 憧れるって、大事ですもんね。 roco@事務局

翌日はツーリング

By |2017-11-14T15:28:49+00:0011月 14th, 2017|未分類|

翌日はツーリング 今年初めての試みとして、横浜ヒストリックカーデイ翌日にツーリングを企画しました。 昨年のエントラントにお声かけをしてその中から、加えてそのお友達さんも含めて20台弱がご参加くださいました。 行き先は三浦半島、フィニッシュは横須賀美術館です。 地図を見ながらではなく、カーナビを見ながらでもなく、コマ図と呼ぶ道案内に導かれて走ります。 スマートフォンのアプリ"Rally Tripmeter" を使用して、車両に特別な装備なしで参加できるものです。 ロードラリーの疑似体験ができるように、作りました。 示された距離を走ると、コマ図に示す形状の道路に出て、また示された距離を走ると…この繰り返しで目的地に導かれます。 今回走った三浦半島は、都心からほど近い自然豊かなのどかな場所です。 海もあり山もあり。 三崎のまぐろは有名ですが、それ以外にもたくさんの海産物が上がります。 これからの時期はみかん狩りや年が明けたらイチゴ狩りも楽しみです。 走っていると、突如目の前が開けて右も左も大根畑…そしてその先にはキラキラ光る海… こんな景色に何度も遭遇しました。 ツーリングやラリーは、その土地を知るという楽しみも併せ持っています。 今回ご参加のみなさんに、三浦半島の魅力が伝わったら嬉しいです。 roco@事務局

今年も楽しかったです

By |2017-11-12T00:22:31+00:0011月 12th, 2017|未分類|

今年も楽しかったです 心配されたお天気は、予報の通り設営の時間のみ。墨出し中に強く降って、ちょっと焦りましたがそれも解消。風は終了まで強く吹いたものの、盛会のうちに無事 今回を終えることができました。会場へお出かけ下さった皆々様、本当にありがとうございました。記憶の冷めないうちに、レポートをアップしようと思います。 roco@事務局

お天気もちますように

By |2017-11-10T14:45:11+00:0011月 10th, 2017|未分類|

お天気もちますように 陽射しの柔らかい、穏やかな陽気の横浜です。 いよいよ明日に迫った 横浜ヒストリックカーデイ。 早いもので、今年で6回目。 落ち葉かきをしながら、ちょっと落ち葉を並べてみました。 同じ木から落ちた葉でも、1つとして同じ景色のものはありません。 明日は、50年近くを生き抜いたヒストリックカーたちが、錦秋の赤レンガ前に一堂に会します。 ふと並べた落ち葉と一緒。 いろんな人の手を経て、それぞれの場所や時間をくぐり抜けてきた車たち。 十人十色・百人百通りの車たちが明日あの場所に集う、この不思議。 これぞ、一期一会。 1日限りの青空展覧会。 いよいよ、明日です。

翌日のツーリングも、支度。

By |2017-11-09T17:21:57+00:0011月 9th, 2017|未分類|

翌日のツーリングも、支度。 北寄りの風に落ち葉が舞い上がり、掃いても掃いても追いつきません。 今年は横浜ヒストリックカーデイの翌日に、同事務局がツーリングを企画しています。 静 と 動 を2日かけて、週末どっぷりヒストリックカーを楽しむ日。 遠方からの方もおいでになるので、そんなのもありかなぁ…と思って、試み です。 ツーリングといっても、単に連なって走るんじゃぁありません。 コマ図と呼ばれるルート案内に導かれながら、目的地を目指します。 昨日、オフィシャルが小雨交じりの中ルートの最終チェックを済ませてくれました。 出来上がってきたロードブックを事務局で製本しました。 心配された土曜日のお天気ですが、ちょっと好転の兆し。 roco@事務局

今日は立冬です

By |2017-11-07T21:38:13+00:0011月 7th, 2017|未分類|

今日は立冬です 今日は、立冬です。暦の上では、今日より冬。 夕方5時ともなればここ横浜も、行き交う人の顔もわからないくらいに暗くなります。 日本は四季がはっきりしている国。 ゆえに季節を表す言葉がたくさんあります。 二十四節気は1年を24等分したもの。 さらにそれを3つに分けて、七十二候。 今の頃は、七十二候だと『山茶始めて開く』(つばきはじめてひらく) 山茶とはさざんかのこと、初冬の花の代表格ですね。 横浜ヒストリックカーデイ当日は、エントラントの皆様に山茶花を用意しています。 ??? お楽しみに。 roco@事務局

横浜の老舗

By |2017-11-02T14:02:38+00:0011月 2nd, 2017|未分類|

横浜の老舗 毎年、観覧の方々にご参加いただく人気投票。 普段はヒストリックカーに馴染みのない人の目線が集まった車、とも言えます。 昨年同様、今年も上位の車両のオーナーにお菓子を用意します。 ただ今年は、お店選びに運営スタッフの想いをプラス。 横浜市中区にある 甘納豆『おもや』は、大正12年(1923年)創業。 創業時と変わらない製法で、今日まで暖簾を引き継ぐ老舗です。 ふんわりやわらか、最初のひと口は驚きです。 変わらないいいものは、時代を超えて愛される…そんな横浜の名店の一品を支度しています。 roco@事務局

Load More Posts