Loading...
BLOG2017-07-28T16:00:16+09:00

RECENT ARTICLES

若い力(若すぎ)

10月 19th, 2020|未分類|

若い力(若すぎ) 雨の週末、事務局に運営スタッフのお孫さん(坊や)が遊びに来ました。 自身も、当日何度か遊びに来たことがありイベントのことはよく知っています。 折しもエントリー証発送準備を進めており、彼にも頼みました。 符号を振った茶封筒に、中身(エントリー証・当日のご案内等)を詰めていく作業。 中身にも全てお名前と符号が振ってあるので、中身と封筒とが一致するように確認して詰めていきます。 作業をみていた娘が、「ちがーう」と指摘。 他のことをしていた私は、何事かと目をやると… 符号は封筒の裏に大きめに書いてあって、それと中身とを確認するわけですが、その符号を見て作業をしていたので彼は書類の正面(表面)が封筒の裏にくるように入れていました。 娘が「封筒の正面を見て、自分への郵便ってことで開けるから、書類は裏返しじゃダメ」と説明します。 あぁ…取り立てて言い聞かせたことはなかったけれど、娘は物の正面とかそういう概念を自分のものにしていました。 そういう私もいつも下請けに出しているのが娘なので、できて当たり前と思って彼に書類の向きのことを指示しませんでした。 いい機会なので、封筒=包むのと一緒 ➡︎ 金封 へ話は飛躍して… 陰と陽まではもちろん話さなかったけど、お祝いごとと悲しみごと、やることが真逆、それはね… お金を包むでしょ?お祝い事は前もって分かってるよね…だからまっピンのお札を用意できるよね? 悲しみごとは突然来る、だから大急ぎ駆けつけたってことでシワシワのお札を入れるんだよ、向きは顔を伏せるに似て裏向き… お金を包んだ紙は細長〜くなるからそれを上下折る、重ね方もお祝いとお悔やみだと向きが逆、どっちがどっち… 重ねしろを抑えて紐をかける、水引と呼ばれるそれは実は紙、結び方にもいろいろあってさ… 大幅に脱線したけど、頭の片隅に残っててくれたら嬉しい。 で、この作業。 我々にとっては 150通 出すうちの1通だけど、エントラントに届くのはただの 1通 。 そう思って、どれも同じに丁寧にすること、と伝えました。 さらに、こちらはお迎えする側、殆どと言っていいほどこの手のイベントが中止になっている中でやる決断をしたから、少なからず楽しみにしてくださってるんだから、そういう想いを大事にするように、といいました。 とはいえまだ子供、集中力が途切れて大人の目には粗雑に映る仕事もちらほら。 あんまり酷いものはやり直しをさせましたが、それを含めてやりきりました。 [...]

景観計画の区域内における行為の届出

10月 17th, 2020|未分類|

横浜ヒストリックカーデイの開場となっている横浜赤レンガ倉庫イベント広場は、横浜市の「みなとみらい21新港地区 都市景観協議地区B地区」に指定されています。 「横浜市魅力ある都市景観の創造に関する条例規定」及び「景観法規定」に則して、ここ横浜赤レンガ倉庫で開催されるイベントについては、横浜市に対して「都市景観協議申出書」と「景観計画の区域内における行為の届出書」を提出し、横浜市長の承認を必要としています。要するに開催されるイベントが、みなとみらい地区の景観を損なうものでないか、そして相応しいイベントであるかどうかを事前に協議してもらうものです。 この申請の担当者は2012年の第1回目から私。今年で9回目。この申請手続き、今では他のメンバーには譲れない、個人的な楽しいイベントのひとつとなっています。 申請先は、横浜市港湾局 みなと賑わい振興部。山下町にある産業貿易センター内にあります(昨年までのこと)。 毎年申請書を提出した後、私は徒歩で横浜赤レンガ倉庫イベント広場を訪れ、1ヶ月後に迫ったこのイベントのイメージを膨らませるという、そんな楽しい時間です。 2020年4月、横浜市が桜木町の新市庁舎に移転したことにより、同申請先部署も新市庁舎へ移りました。それに伴い私が譲れない楽しみとしていた個人的イベントがひとつ減ってしまったと思っていましたが、ところがそんなことはない、申請書提出後、新市庁舎2階にある飲食スペースにて「みなとみらい21新港地区」の景観を眺めながら「カフェ時間」を楽しむという新たな個人的なイベントに・・・。やはり他のメンバーには譲れない。 この2020年という年は、普通にできる「あたりまえ」をもっともっと、私たちは楽しむべきだということを、改めて知らされた年になったと思います。 YHCD9th 運営事務局メンバーは総力をあげて(少し大袈裟)準備を進めて参りましたが、そろそろ最終段階に入りました。 今年は、感染症対策等で不自由な一日になると思われますが、そんな「あたりまえ」を楽しむことを思いながら、開催当日はご協力をお願いいたします。 m.izawa@事務局

エントリー〆切りました

9月 27th, 2020|未分類|

エントリー〆切りました エントリー開始から2カ月足らず。 規定台数に達したので、エントリーは締め切らせていただきました。 今年は新型コロナウィルスの感染拡大の情勢をを注視しながらの受付でした。 できると言い切れない状況で、置き場所のリザーブをする形で受け付けました。 昨日、仲間と打ち合わせをしましたが、感染拡大予防の取り組みを具体的に話し合いました。 体調の急変や感染者数の状況で、当日でも適切な判断ができるよう、当日現金での対応にする、とか。 次の月末には、エントリー証と共に、諸注意等のご案内をお届けします。 roco@事務局

Load More Posts

Article Archive

どうする引菓子

8月 28th, 2020|どうする引菓子 はコメントを受け付けていません

どうする引菓子 事務局的にはイチオシの、横浜ヒストリックカーデイの『引菓子』。 横浜市金沢区にある和菓子店、たんの和菓子店。 ヒストリックカーデイに集まる車よりも若い、ご亭主とおかみさんが切り盛りするこちらのお店に、毎年お願いしています。 例年でしたら時候の上生菓子を3種、ご用意するんですが。 今年は、例年とはいろいろ様子が違うので、引菓子もいつもと一緒じゃなくてもいいんじゃないかな… ということで、ご亭主に相談してきました。 あ、画像に写ってる竹籠は、いわゆる『通い籠』。 下の籠はケース入りの上生菓子が、キレイに6個入ります。 エコバッグが有料になる前から、こちらに立ち寄るとわかっている時は通い籠を使っています。 ご亭主曰く、今年は軒並みお茶会などの催しものが中止。 そちらの業界は、来年も怪しい空模様とか。 文化的な活動が、ことごとく中止になりますね…せめて赤レンガでは『青空展覧会』やりたいですね。 roco@事務局

『古い車の絵を描こう』今年は…

8月 21st, 2020|『古い車の絵を描こう』今年は… はコメントを受け付けていません

『古い車の絵を描こう』今年は… 毎年、会場で併催している『古い車の絵を描こう』。 こちらも今年は、いつものようにはいかない予感です。 以下、公式ウェブサイトのトップページに掲載したメッセージをここに転載します。 + + + + + + + + + + + + 2020年は、新型コロナウィルス感染症との戦いの年となりました。 戦い、と言うより完敗…人類の歴史は疫病との戦いの歴史、世界規模で行き来のできない前代未聞の事態となりました。 子どもたちも、普段と違う暮らしに大いに戸惑った上半期だったと思います。 感染拡大防止に余念がない今、いつものスタイルで『画材の貸し出し』は、互いに気が進まないのではと思っています。 仮に貸し出しできても、返却後全て消毒して再び貸し出す…かなりの頻度で貸し出しているので現場はキビしいかなぁというのが本音です。 会場で作品が描き上がらないと、お預かりして → スキャンして → ウェブ展覧会で公開 といういつものスタイルが取れないだろうと予想しています。 このような状況から鑑みるに、今年の『古い車の絵を描こう』ウェブ展覧会の実施は難しいというのが目下の見立てです。 でもこんな被写体、普段はあまり見かけないので…スケッチの道具は用意してお待ちしています。 スケッチは納得いくまでじっくり会場で、あとはおうちでじっくり色つけ。 ウェブ展覧会はできそうにないけど、会場でお絵描きは楽しんで欲しいです。 roco@事務局 [...]

励みになります

8月 18th, 2020|励みになります はコメントを受け付けていません

励みになります 静かなお盆も終わり、暑さが少しでも和らぐのを期待したいところですが、容赦ない暑さが続いています。 コロナ渦で情勢の見通しが立たない中ではありますが、例年通り8月1日にエントリーを開始して20日余り。 既に65台のエントリーがありました。 殆どの方とは Email で受付のお返事をするのですが、多くの方から返信を頂戴します。 不安定な中での、運営側の労を労ってくださる内容とか 他が軒並み中止だから是非とも!と激励とか ありがたい限りです。 イベント屋ではない私たちがこれまで8回無事に続けてこられたのは、エントラントの皆々様と共に育てたイベントだから。 初回からご参加下さっている、とある方からはお葉書で、今回見合わせる旨のお便りも頂戴しました。 古い車を維持しているオーナーは、どちらかといえば若い方のほうが少ないので、リスク回避のために見合わせるケースも大いに考えられます。 おかげさまで遠方のエントラントも少なくないので、その辺りの心配も当然あります。 申し込みに悩むのと同様、用意する側(事務局)の悩みもあります。 間際で適切な判断ができるよう、いろいろ想定して情勢を注視しています。 引き続きお申し込みは承って参りますが、直前まで開催の判断はできません。 目下、承っているのは開催できた時の展示スペースの確保、のお約束です。 暑さも限度を超えています。 無理せず、上手に暑さを乗り越えましょう。 roco@事務局

#YHCD

Instagramアカウント開設しました。
皆さんの素敵な#YHCDをおまちしております。

YHCD_YOKOHAMA