第9回目を終えて

同様のイベントが軒並み中止、延期を余儀なくされてきました2020年。YHCD9th開催には大きな壁が立ちはだかりました。

「そんな容易に10周年を迎えさせる訳にはいきませんよ!」

そんな声が聞こえてくるようでした。

そんな中、開催することを決めたエントリー開始前月に行われた運営事務局ミーティング。できない可能性もあり得ることを念頭に、エントリー受付、準備を開始しました。もちろん例年にはない「感染症対策」を最優先に考えて。

約3ヶ月間。気がつけば、運営事務局を応援してくださるスタッフがひとりふたりと増え、何とイベント当日には総勢29名というスタッフが自主的にこのイベントの運営にあたりました。

また、不安なコロナ禍にありながらエントリーをして下さったヒストリックカーオーナーの方々、「今回は見送らせて頂くよ」とご丁寧にご連絡くださったオーナーの方々。例年を上回るほどのエントリー申し込みを頂くことができました。

そして、開催の一週間前に事務局へこんなお問い合わせをいただきました。

「今年も画材の貸出しはあるのでしょうか。」

同時開催の「古い車の絵を描こう」に毎年参加してくれているお子さまのお父様からいただいたものです。もちろんヒストリックカーオーナーではない一般閲覧の方です。こちらの当日の参加者の作品数46作品!!

第1回目からブレないイベントの主旨

“NO BORDER”

− クルマの生産国、種類、オーナー同志、我々運営事務局、そして当日会場に足を運んでくださる一般閲覧の方々との間に境界を作らないということ −

今年のこのような環境下にありながらもこの主旨はブレていない、いや、更に強いものになったことを実感いたしました(手前味噌ではありますが…)。

2012年に産声をあげた「一日限りの青空展覧会」。

10周年を迎えるに相応しいイベントに育て上げてくれた、このイベントに関わって下さっているみなさまに感謝申し上げます。ありがとうございます。

運営事務局 代表 伊澤 衛