『古い車の絵を描こう』今年は…

年、会場で併催している『古い車の絵を描こう』。
こちらも今年は、いつものようにはいかない予感です。
以下、公式ウェブサイトのトップページに掲載したメッセージをここに転載します。

+ + + + + + + + + + + +

2020年は、新型コロナウィルス感染症との戦いの年となりました。
戦い、と言うより完敗…人類の歴史は疫病との戦いの歴史、世界規模で行き来のできない前代未聞の事態となりました。
子どもたちも、普段と違う暮らしに大いに戸惑った上半期だったと思います。
感染拡大防止に余念がない今、いつものスタイルで『画材の貸し出し』は、互いに気が進まないのではと思っています。
仮に貸し出しできても、返却後全て消毒して再び貸し出す…かなりの頻度で貸し出しているので現場はキビしいかなぁというのが本音です。
会場で作品が描き上がらないと、お預かりして → スキャンして → ウェブ展覧会で公開 といういつものスタイルが取れないだろうと予想しています。
このような状況から鑑みるに、今年の『古い車の絵を描こう』ウェブ展覧会の実施は難しいというのが目下の見立てです。
でもこんな被写体、普段はあまり見かけないので…スケッチの道具は用意してお待ちしています。
スケッチは納得いくまでじっくり会場で、あとはおうちでじっくり色つけ。
ウェブ展覧会はできそうにないけど、会場でお絵描きは楽しんで欲しいです。 roco@事務局