霧の中ですが

かがお過ごしですか。
風薫る5月、お出かけにはもってこいの季節ですが今年は…感染拡大を防ぐべく、移動を控える日々が続いています。
我らが愛してやまない古い車たち、この頃は軽やかに新緑の中を駆け抜けたいところですが…

運営事務局の面々の中には、国内外でステージラリーに参戦する者がいますが今年は…当然悉く延期になっています。
各地でこれからの季節、盛んに開催される古い車の展示イベントもきっと中止や延期を余儀なくされることでしょう。

さて、11月の横浜ヒストリックカーデイは、今年どうなるの?
まだまだ事態の行方は霧の中、正直言って誰にもわかりません。
現段階で事務局として考えていることをお知らせしておきます。
横浜ヒストリックカーデイは、例年通り8月1日からエントリーをオープンします。
但し、お申し込みの時点でエントリーフィーはお預かりしません。
開催できると仮定して、お申し込みの受付は『展示の枠のご予約』という形を取りたいと思っています。

情勢の動向で、再考する(せざるを得ない)場合もありますので、今後のお知らせにご注意ください。

---

豊作や疫病を予言する妖怪『アマビエ』、ご存じですか?
その姿を見れば疫病の予防になるとか。
横浜ヒストリックカーデイの、エントラントへの引菓子としてご好評をいただいております『たんの和菓子店』。
連休の頭にお邪魔したら、アマビエさまの上生菓子が。
端午の節句の縁起物、粽と一緒にアマビエさまも求めてきました。
疫病退散〜 皆さまにもどうか、ご自愛下さい。 roco@事務局