ウェブ展覧会、公開

年、横浜ヒストリックカーデイの会場で併催している『古い車の絵を描こう』の今年度分の作品をウェブサイトで公開しました。

今年はお子さんの参加が少なめでしたがリピーターのお子さん(ファミリー)もあり、作風に見覚えがある…でも確実に上手になってる!といった、続けてこそ見えてくる驚きや出会いが楽しい作品がいくつもありました。

『憧れ』大切な感情だと思います。
古い車の持つ魅力を広く知ってもらいたいというのが横浜ヒストリックカーデイの最大の目的ですが、澄んだ鋭い眼差しの子供達に魅力が伝わったら…『先のこと』問題ももう少し明るいものになるんじゃないかな…
目に触れる機会がなければ、憧れようもないですしね。
カッコいいから、好きな車だから…『憧れ』がその車を被写体に選ばせていました。

実は今年熱かったのは…(子供心を忘れない笑)大人たち。
こちらもおなじみの方あり、そしてエントラントの中に潜んでいる『プライベートアーティスト』の多いこと!
アナログな車をこよなく愛する人には、アナログな活動が光る人が多いということでしょうか?

とにもかくにもウェブ展覧会、公開。
ロゼッタのマークがついているのは、事務局の数人が独断と偏見で選んだ優秀賞。
優秀賞には、手作りのロゼッタをつけて作品をお返しします。 roco@事務局