エントラントから子どもたちへ

場で今年も、『古い車の絵を描こう』催しました。
昨年は大人の参加が目立ち子どもが少なめでした。
今年はどうなるだろう…
何せ、前年度の参加者にメールを送るでもなく、目立った広報活動はほとんどしていません。
ですから、文字どおりフタを開けてみなければわからないんです。

今年は実に、78名の方が作品を事務局に預けて下さいました!
最初の年から、作品をスキャンしてウェブ展覧会として公開しています。
お持ち帰りになった方もちょっぴりいたことを考えると、軽く80名は超えています。

毎年、参加してくれた子どもたちに、ささやかですがお菓子を用意していました。
一生懸命描いたみんなに、その場でこちらからの最大級の賞賛になるような、何か…
金沢八景駅前の Bakery House Aoki のパンの形をしたクッキーを、用意しました。
当日車両を展示した約150人のエントラントからのご褒美、ということになりますね。
こちらの店長さんもヒストリックカーを数台所有、お店があるので会場に車両を展示したことはありませんが、毎年スタッフの朝食パンをお願いしており形は違えど、イベントにご参加いただいているんです。
頑張ったご褒美に、と子どもたちにクッキーを手渡した時の反応が楽しかったです。
大きさといいおよそクッキーには見えず、マグネット・消しゴム・食品サンプルのミニチュア…いろんなことをいう人がいました。
もったいなくて食べられない…ほとんどの人がそう言いましたが、個別包装はお店に頼らずこちらでしたので防湿の処理をしていません。
美味しくいただくためにも早く食べてねと、伝えました。

小さいけど、とってもステキなプレゼントになったと自画自賛…
次の週末あたりスタッフの反省会を招集、と思ってるのでその時にでも皆で作品を楽しませてもらおうと思います。 roco@事務局

By |2018-11-12T00:42:02+00:0011月 12th, 2018|未分類|