横浜ならでは、かも

日、事務局宛に質問メールが届きました。

なんとスロベニアの男性から。
英語と翻訳ソフトで日本語に変換したもの、両方で送られてきました。
便りの主は30歳のクラシックカー愛好家で、10月末から2週間の予定で来日するとのこと。
愛車はMGA、自分でレストアしたんだそうです。

気になる問い合わせの中身ですが、彼には次なるプロジェクトがあるそうで、メルセデスベンツのコンバーチブルや古いポルシェをゆくゆく手掛けたいんだとか。
おたくのクラブに販売車両はあるか?企業や他のクラブを知らないか?との問い合わせでした。

どうやらクラシックカークラブと勘違いしているようで、YHCD が東京から 30km 程度の港町で開催される1日限りのクラシックカーショーであること、ショップとしての参加は居らず来ている人たちはみんなオーナーであること、事務局から紹介はできないが当日、会場に是非来てねー!と返事しました。
それからガールフレンドと来るという彼らの、旅の安全も祈念して文を締めくくりました。
それから Google Map の赤レンガ倉庫前広場のリンクも。

赤レンガに1日居ると、さすがは観光地 外国人をたくさん見かけます。
私自身もそうですが、とかく言葉の壁が立ちはだかって、口惜しい思いをどれだけしたでしょう。
ポンポンやり取りできなくたって、少ない単語でもこちらの率直な思いは伝わります。

ようこそ!
私の車、どう?イケてるでしょ?
日本を楽しんでね!

これだけ言えれば、上等舶来。
お集いの皆さんお一人お一人がアンバサダー(大使)として、赤レンガで是非いろんなことを紹介して下さい。
古い車のある暮らしの紹介、ニッポン良いとこ、好きになって帰ってね❤︎ etc … roco@事務局